製品詳細

自動顕微鏡/血液細胞分類装置 CELLAVISION®DC-1

製造販売企業: セラビジョン・ジャパン株式会社

カテゴリ: 血液検査機器 > 血液自動分類装置 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【末梢血塗抹標本の目視分類を自動化】
人工知能(ANN)により300種類以上の細胞特性を解析し白血球を分類、臨床検査技師はモニター上で細胞画像を確認、修正、コメントを入力できます。DM9600、DM1200の性能そのままに小型化、遠隔によるコンサルテーション機能をより強化しました。

特長

●分類作業の効率化を図ります。
●細胞判定基準を標準化します。
●細胞レベルでのトレーサビリティーが可能になります。
●検査技師の分類スキルが向上します。

製品詳細

機能説明

主な機能
 

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
スライド処理
クリップ角、丸角または直角のスライドに対応
手入力またはオプションのバーコードリーダーでスライドのオーダーIDを入力
スライドは1度に1枚ずつロード
血液塗抹のスライドを分析
油浸オイル
専用ボトルから手動で滴下
品質管理
ハードウェアと染色液の品質確認のための細胞検出/精度テスト
内蔵塗抹チェック
結果と画像のアーカイブ化
ハードディスクおよびUSBメモリー
ストレージ能力
【一次ストレージ】ローカル・ハードドライブ:最大1,500スライド(20GB)
【二次ストレージ】外部ストレージメディアへの転送は無制限
対応プリンター
Windows対応のレーザー・インクジェットプリンター
通信
双方向LIS対応、ASTM
Ethernet 10/100 Mbps
複数のCellaVision® DM/DCシリーズによるデータベース共有
システムコンポーネント
一体型PCおよびWindows 10 Embeddedを搭載したスライドスキャン装置
CellaVision® DM Software
処理能力
※処理時間は血液塗抹の品質、WBCの濃度、非WBCの数によって異なります。
最大10スライド/時間(100 WBC+RBC+PLT)
スライド作成方法(ウェッジ法)
自動スメア作製装置
CellaVision® SmearMaker
HemaPrep®/MiniPrep® 自動血液塗抹機器
マニュアル作製
染色液
ロマノフスキー染色(メイグリュンワルド/ライト/ギムザ)
ソフトウェア/アプリケーション(オプション)
CellaVision® Remote Review Software
CellaVision® Server Software
CellaVision® Profiency Software
CellaVision® Dashboard
一般仕様
重量
11kg
寸法
幅280mm×奥行390mm×高さ370mm
電源
【電圧】AC100~240V
【周波数】50/60Hz
【電流】1.2~0.6A
【消費電力】120W

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP