製品詳細

デンシトメトリー分析装置 富士ドライケム IMMUNO AG2

販売企業: 富士フイルムメディカル株式会社

製造販売企業: 富士フイルム株式会社(日本)

カテゴリ: POCT > 感染症検査 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【写真現像の銀塩増幅技術を応用し、ウイルスなどの高感度検出を実現】
写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用した、ウイルスや細菌の高感度検出が可能で、新たに検査の効率化をサポートする機能を搭載しています。

特長

●時間管理不要の自動判定で感染症の検査を迅速・効率化します。
●タテ型デザインで省スペース化を実現しました。
●進行状況が一目でわかるシンプルで見やすい画面表示です。
●シンプル操作でミスなく測定します。
●使いやすさを高めるさまざまな工夫を施しました。
●IMMUNO AG2で得た検査データを、上位のシステムに自動送信が可能です。
●写真現像の銀増幅技術による感度・特異度向上技術を採用しています。

製品詳細

機能説明

時間管理不要の自動判定で感染症の検査を迅速・効率化します。
1台でインフルエンザや肺炎マイコプラズマなど複数の風邪症候群の抗原に対応できる検査システム。独自の高感度検出技術により、抗原量の少ない発症初期でも迅速・正確な判定を可能にしました。セットするだけの簡単操作で自動判定を実行、検査の手間を軽減し、目視による判定ミスを防ぎます。バーコードリーダーも搭載し、さらに便利に。感染症検査の効率化、早期発見による患者負荷の軽減をIMMUNO AG2がサポートします。
タテ型デザインで省スペース化を実現
新たな機能を追加しながらも、一層のコンパクト化を実現しました。幅100mmのスリムなタテ型デザインで、複数台設置に適しています。
進行状況が一目でわかるシンプルで見やすい画面表示
液晶画面の表示には、黒背景に白およびオレンジの文字を採用しました。オレンジのバーで測定の進行状況を示し、判定結果は点滅と音でお知らせ。離れていても一目で状況を確認できます。インフルエンザなら最短3.5分で判定を開始。判定できない場合には自動で増感検査を行います。
シンプル操作でミスなく測定
試薬カートリッジに検体を滴下し、装置にセットしたら、自動で測定がスタート。測定結果がプリントされるまで他の操作はいりません。
使いやすさを高めるさまざまな工夫
 
IMMUNO AG2で得た検査データを、上位のシステムに自動送信。
電子カルテや検査部門システム(LIS)と連携することで検査データを共有できます。
写真現像の銀増幅技術による感度・特異度向上技術を採用しています。
写真技術の応用によりウイルス、細菌などの抗原検出感度が向上。抗原量が少ない発症早期の検体でも検出が可能になりました。

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
測定項目
マイコプラズマ抗原, インフルエンザウイルス抗原A/B, RSウイルス抗原, アデノウイルス抗原, A群ベータ溶血連鎖球菌抗原
プリンター
内蔵(感熱方式)
一般仕様
一般的名称
デンシトメトリー分析装置
重量
約2.3kg
寸法
幅100mm×奥行200mm×高さ200mm
電源
【電圧】AC100V
JMDNコード
15129000
クラス分類
クラスI
特定保守
該当
設置管理
非該当
届出番号
14B1X10022000123

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP