製品詳細

BD FACSCanto™ II フローサイトメーターシステム

製造販売企業: 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社

カテゴリ: 血液検査機器 > その他の機器 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

BD FACSCanto™ II フローサイトメーターは、正確かつ効率的なフローサイトメーター検査を実現するアナライザーです。最先端の蛍光検出システムとデジタル波形処理技術、40本のチューブを自動で測定するローダーを搭載し、最適な抗体試薬との組合せにより、効率的でかつ正確、安全な検査を実現します。

特長

●488nm青色レーザーと633nm赤色レーザーを搭載した6カラータイプを基本とし、405nm紫色レーザーを追加することで8カラーまで同時解析が可能になります。
●自動化により信頼できるデータを効率的かつ安全に提供。洗浄機能搭載により、造血器悪性腫瘍細胞解析を含めた検体の前処理操作を自動化します。

製品詳細

機能説明

使用できる主な抗体標識用蛍光色素
 
フローサイトメーターを用いた検査の流れ
 
リンパ球サブセット測定(BD Multitestシステム)
CLSI、CDC、JCCLSガイドラインに準拠したリンパ球サブセット解析システムです。
ガイドラインが推奨する試薬システム、CD45 リンパ球ゲーティングを用いたリンパ球細胞解析が、BD抗体試薬とBD FACSCanto™ Clinicalソフトウェアで実現します。
自動取り込み、自動解析機能と最適化された6カラー試薬により、ルーチン検査の効率化、精度が向上します。
CD34+ 造血前駆細胞の絶対数測定
ISHAGE(※) ガイドラインに準拠したBDSCE Kit システムです。
ガイドラインが推奨する試薬システム(CD45 FITC、CD34 PE、7AAD)、解析ゲーティング、シングルプラットフォームによる絶対数測定が、BD™ SCE KitとBD FACSCanto™ Clinicalソフトウェアで実現します。

(※)ISHAGE:International Society of Hematotherapy and Graft Engineering(現 ISCT:International Society for Cell Therapy)
造血器悪性腫瘍細胞解析
BD FACSDiva™ ソフトウェアのワークシートにより自由自在に6カラー(405nm紫色レーザー搭載の場合8カラー)までのマルチカラーパネルを作成し解析することができます。
蛍光補正などの機器設定も、カラー数が増えた場合でも、BD™ 7Color setup蛍光標準ビーズ、あるいはBD™ CompBeadsによる自動蛍光補正プログラムで簡単に設定することができます。
データ転送システム
BD FACSCanto™ IIフローサイトメーターで測定、解析した患者検体データを情報システムへ転送します。

・リンパ球サブセット、CD34+ 造血前駆細胞絶対数測定の場合
BD FACS™ Clinicalソフトウェアで測定、解析した結果の統計データ数値、報告書(PDFまたはJPEGファイル形式)を自動で情報システムへ転送することができます。また別途、統計データ数値をエクセルファイル化し保存、編集管理(日本語入力可)することもできます。

・造血器悪性腫瘍細胞イムノフェノタイピングの場合
BD FACSDiva™ ソフトウェアで測定、解析した結果の統計データ数値、解析用シート・Work Sheet(PDFまたはJPEGファイル形式)を作成し、情報システムへ転送することができます。統計データ数値をエクセルファイル化し保存、編集管理(日本語入力可)することもできます。
リモートサポートサービス
BD Assurity Lincソフトウェアセキュリティを用いたリモートサポートサービスです。
細胞集団のゲーティングや、機器状況に不安がある場合には、BD Assurity Lincを用いて、お客様のシステムをモニタリング、必要に応じてワークステーションにアクセスすることで、問題を迅速に解決します。

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
蛍光検出感度
FITC:<100 MESF, PE:<50 MESF
前方および側方散乱光検出感度
ノイズから血小板を解像可能な感度
前方散乱光検出感度
1μm
側方散乱光検出感度
0.5μm
搭載レーザー
20mW, 488nm 固体レーザー
17mW, 633nm HeNeレーザー
30mW, 405nm 半導体レーザー(オプション)
励起光学系
光学プラットフォーム:レーザー照射は異軸で, 照射位置調整は設置時に固定
ビーム形状:照射位置のレーザー光サイズは9×65μm 楕円ビーム
検出光学系
集光レンズ:光学ゲルによりフローセルと密着され一体化された構造, 開口率(N/A)=1.2
蛍光検出器:
オクタゴン・トライゴン反射法光学検出システム
488nm レーザー用 PMT5個(750~810nm, 670~735nm, 610~637nm(オプション), 564~606nm, 515~545nm)
633nm レーザー用 PMT3個(750~810nm, 701~723nm(オプション)、650~670nm)
405nm レーザー用(オプション)PMT2個(502~535nm、425~475nm)
前方散乱光検出器:480/10 バンドパスフィルター付きフォトダイオード
側方散乱光検出器:480/10 バンドパスフィルター付き PMT
流路系
動作概要:自動スタートアップ, シャットダウン, および洗浄サイクル機能を搭載, シース液・洗浄溶液を搭載可能な流路系カートを装備
シース液消費量:通常測定時1.1 L/hr, スタンバイ時<1mL/hr
サンプルのフローレート:BD FACSCanto Clinicalソフトウェアにより自動制御され, アッセイにより変更可能 平均Low=10μL/min, Medium=60μL/min, High=120μL/min
サンプル取り込み速度:10,000イベント/sec
最大測定可能粒子サイズ:50μm
キャリーオーバー(平均):<0.1%
信号処理
信号解像度:262,144チャンネル
データ取り込みチャネル数:8~10パラメータ(散乱光2パラメータ, および蛍光6~8パラメータ)
蛍光補正機能:各レーザー内, レーザー間全ての蛍光検出器間で可能
パルス処理:すべてのパラメータについて高さ, 面積, および幅の測定が可能
時間パラメータ:すべてのパラメータに対して相関可能
Thresholdパラメータ:すべてのパラメータに対して使用可能
一般仕様
重量
【サイトメーター】146kg(単体, ローダーおよびコンピュータを除く), 168?(ローダーを含む)
【流路系カート】51?(流路系カート単体, タンクを除く)
寸法
【サイトメーター】幅91cm×奥行61cm×高さ64cm
【流路系カート】幅79cm×奥行61cm×高さ64cm
電源
【電圧】AC100/115/230V
【周波数】50/60Hz
【消費電力】500W
使用環境
【温度】5~40℃(設置時), 16~31℃(動作時)
【湿度】20~80%(結露しないこと)
届出番号
07B1X00003000102

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP