製品詳細

アレルギー特異IgE測定装置 DiaPack3000

販売企業: 日本ケミファ株式会社

製造販売企業: 株式会社サカエ(日本)

カテゴリ: 免疫血清専用検査機器 > 酵素免疫測定装置 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【12のスピードがアレルギー検査の常識を変えます】
特異IgE抗体検査をもっと簡便に、もっとスピーディーに。DiaPack3000はこれからのアレルギー診療をサポートします。

特長

●信頼の速さ:測定時間12分、90テスト/39分で完了。このスピードが即日報告を可能にし、臨床のニーズにお応えします。
●優れた操作性:使いやすい操作画面、簡単な試薬セット・廃棄などオペレータに優しい設計が、検査業務の効率化をサポートします。
●充実した機能:タイマー起動、検体随時投入が可能で、フレキシブルな測定を実現。最大60本(種類)のアレルゲン試薬搭載により、幅広く検査に対応できます。

製品詳細

機能説明

各部詳細
 
アレルゲンテーブル
60本、最大60項目が架設でき、幅広い検査項目に対応できます。内周・外周の二重構造による省スペース設計です。
オートフィーダー
反応材/反応容器はトレーのまま簡単にセットでき、反応テーブルに自動供給されます。
分注ノズル
各ノズルにはセンサを搭載し、測定の安全性に配慮しています。
検体投入部
最大25検体架設可能です。専用ラック方式で、検体の随時投入が可能です。また、試験管とサンプルカップの混在も可能です。
温調スイッチ
反応テーブルの温調ON/OFFとタイマー起動設定を切り替えます。
廃棄ボックス
測定後の反応材/反応容器は廃棄ボックスに自動排出され、安全に処理できます。
アプリケーション・報告
 
測定原理
測定にはオリトンIgE「ケミファ」シリーズを用います。
多孔性ガラスフィルターを固相とし、標識抗体の酵素としてPOD(ペルオキシダーゼ)、発色気質にTMB(3, 3', 5, 5'-テトラメチルベンジジン)を用いた酵素免疫測定(EIA)法です。
検査の流れ
DiaPack3000は準備から報告までスピーディーに実現。アレルギー診療に貢献します。

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
測定項目
特異IgE, 総IgE
測定対象
血清検体およびその希釈サンプル(総IgE)
分析方法
酸素免疫測定(EIA)法
検出方法
積分球における反射測光法(検出波長650~670nm)
反応時間
12分
測光ステップ
18秒
検体処理能力
90テスト/39分
アレルゲン試薬架設数
60ボトル(最大60項目)/テーブル
アレルゲン試薬認識法
バーコード方式(内蔵)
検体架設
専用ラック方式(1ラック5検体), 最大25検体同時セット可能, 追加処理可能, 試験管・サンプルカップ混在可
検体容器
試験管(φ12~15mm, 高さ75mm, 100mm), または専用サンプルカップ
検体量
【特異IgE】50μL
【総IgE】15μL
最大テスト数
90テスト
反応テーブル温調方式
ラバーヒーター方式
試薬保冷庫冷却方式
電子冷却方式
検量線方式
標準液による7点校正
反応テーブル温調
手動およびタイマー起動
表示及び入力・出力装置
操作用パソコン(付属品)
データ印字
インクジェットプリンタ(付属品)
データ処理部
RS-232C(ASTM準拠)
一般仕様
一般的名称
移動式酵素免疫測定装置
重量
100kg(本体のみ)
寸法
幅850mm×奥行665mm×高さ610mm
電源
【電圧】AC100V
【周波数】50/60Hz
【消費電力】600VA
使用環境
【温度】15~30℃
【湿度】30~80%(結露しないこと)
標準付属品・セット内容
操作用パソコン, インクジェットプリンタ
JMDNコード
35706020
クラス分類
クラスI
特定保守
該当
設置管理
非該当
届出番号
10B2X00013000006

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP