製品詳細

TAIYO血小板凝集能測定装置 PRP313M 12ch/8ch/4ch

製造販売企業: フィンガルリンク株式会社

製造企業: 株式会社タイヨウ(日本)

カテゴリ: 血液検査機器 > 血小板凝集測定装置 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【血小板凝集能検査のゴールドスタンダード。血小板凝集能検査の要求をもとに新たな解析ソフトを搭載。】
PRP313Mは、血小板凝集能測定装置のゴールド・スタンダードであるPRP(透過光/濁度)法のベースを作り上げた血小板測定装置に、従来の先天性機能異常検査に加え、抗血小板薬投与のモニタリングと投薬前の状況判断に使用できるソフトを搭載しました。

特長

●ブラシレスモーターを採用しており「ブラシ」「コミュテータ」のような機械的な接点ではなくトランジスタなどのパワー素子で構成された駆動回路(ドライバ回路)を使い電気的に電流の切り替えを行ってモーターを回転させていることから基本的にメンテナンスフリーです。
●ブラシ付きのDCモーターは負荷が変化すると回転速度も変化してしまいますがブラシレスモーターは負荷が変化しても安定した速度制御が行えます。(ホールICと呼ばれる磁気センサを搭載しフィードバック制御を行いモーターの状態を確認しています)
●PC画面上に回転数のモニター画面はありませんがモーター自体に内蔵しており、より高い制御が行われています。(モニターの必要がない)
●4chから12chまでお選びいただけます。経済的な4chをご購入後も8、12chに増設することが可能です。(有償)

製品詳細

機能説明

解析ソフト:グレーディングカーブ
図(1)の右側のグレーディングカーブ(G-Type)は、X軸に血小板凝集惹起物質の濃度を、Y軸に血小板凝集率(%)を設定したグラフです。4濃度の惹起物質測定で得られた5分後の凝集率を値としてプロットし、その各チャンネルで結んで得られるカーブをグレーディングカーブと言います。血小板凝集反応を5分で固定した値をグレーディングカーブに変換することにより、血小板の凝集能力状態を簡単な図、または値で表すことが可能になりました。

図(2)の右側のグレーディングカーブは、血小板能力が極度に亢進した症例と血小板能力が極度に低下した症例です。このような極端な症例は、凝集反応曲線でも一目で判断できますが、一番下の図のようなどちらとも取れない凝集反応曲線に対し、グレーディングカーブ判定をすれば簡単に判断することが可能になります。
解析ソフト:PATI(Platelet Aggregatory Threshold Index)
二次凝集(不可逆的凝集)を得る惹起物質の最低必要濃度を閾値と言い、血小板の感受性の判定目安には有用ですが、この値を日常検査で求めるには非常に手間を要します。PATIは実験的に閾値と相関性が高いとされた指標で、近似する値を簡単に求めることができます。4濃度で測定したグレーディングカーブの最大凝集率を100%とし、二次凝集が出現すると判断できる所(例えば50%)と交差している点の値をPATI濃度として算出します。この方法を使用することにより、日常検査で簡単に閾値を求めることができます。図はPATI濃度算出の一例です。
グレイドタイプ判定
4濃度の凝集反応曲線をグレーディングカーブに変換することにより、血小板の凝集状態を略図化することは前述のとおりですが、グレーディングカーブ中のPATI濃度を算出することにより、血小板の凝集に対する感受性を6タイプに分類表現し判定することが可能になりました(この6段階判定のタイプ値は、惹起物質の濃度により変更可能です)。この6タイプ分類の判定を行うことにより、循環器系疾患の心筋梗塞・狭心症・グラフト閉塞・ステント術、脳血管障害の脳梗塞・動脈瘤コイル術・閉塞性動脈硬化・脳卒中等の防止、および術前術後管理に投与される様々な抗血小板薬のコントロールと管理の判断を簡単に行うことができます。

※グレイドタイプ判定はあくまで、医師の判断をサポートするためのものであり、最終的な投薬量の判定は診断する医師の総合的な判断が必要となりますのでご了承ください。

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
測定チャンネル数
12(PRP)+1(PPP), 8(PRP)+1(PPP), 4(PRP)+1(PPP)
※製品により異なります
測定原理
光透過法(比濁法)
解析方法
グレーディングカーブ, PATI, 2濃度パターン解析, その他の凝集解析
測定時間(最大)
15分
試薬保冷槽
12
検体量
200μL(PRP)

※購入時に100μL(PRP)とすることも可能です。
試薬添加量
22μL

※検体量100μL設定時は11μL。
測定部温度
37±0.5℃
一般仕様
重量
17kg
寸法
幅468mm×奥行385mm×高さ135mm
電源
【電圧】AC100V
【周波数】50/60Hz
【消費電力】200VA
標準付属品・セット内容
本体×1台, カラープリンタ×1台, パーソナルコンピュータ×1台, キュベットセット(7φまたは6φ×50mmスターラーバー入り50本)×4箱(200本), 記録紙×100枚, 4連ピペット(4ch ピッチ27mm)×1本, PRPチップ(96本入り)×2箱(192本), 取扱説明書×1冊
届出番号
27B2X90003000001

▲製品詳細メニュへ戻る

バリエーション

TAIYO血小板凝集能測定装置 PRP313M 12ch
測定チャンネル数
12(PRP)+1(PPP)
商品コード
PRP313M-12
TAIYO血小板凝集能測定装置 PRP313M 8ch
測定チャンネル数
8(PRP)+1(PPP)
商品コード
PRP313M-8
TAIYO血小板凝集能測定装置 PRP313M 4ch
測定チャンネル数
4(PRP)+1(PPP)
商品コード
PRP313M-4

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP