製品詳細

自動多項目同時遺伝子関連検査システム Verigene®システム 敗血症パネル

製造販売企業: 株式会社日立ハイテク

カテゴリ: 遺伝子検査機器 > その他の機器 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【敗血症の治療に必要な情報を簡単に、正確に、より迅速に】
血流感染症、特に敗血症患者に対する適正な抗菌薬投与の遅れは、患者の予後や致死率に影響を与えます。しかし、従来の培養法による検査では、結果報告までに数日を要するため、さらに迅速な検査法の開発・導入が求められています。欧米では血液培養試験陽性判定後、3時間以内に細菌と薬剤耐性遺伝子を同時検出できるマルチプレックス遺伝子関連検査薬として、Verigene敗血症パネル(試薬キット)が診断に利用されています。国内においても、本試薬キットを体外診断用医薬品として発売することになりました。

特長

●簡単な操作
●正確な検査
●迅速な結果報告

製品詳細

機能説明

[測定原理]マイクロアレイ法
アレイ基板上で捕捉した標的核酸配列を、銀粒子の散乱光により高感度に検出します。
多項目同時検査
Verigene®敗血症パネルは、血液培養試験で陽性となった培養液を検体として用います。グラム陽性菌、グラム陰性菌に対応した試薬キットを使用して、検体中の細菌と主要な薬剤耐性遺伝子を同時に検出します。
簡単な操作
測定には専用のプロセッサーとリーダーを使用します。検体の前処理が不要で、各工程の自動化により操作が簡単です。
正確な検査
試薬に含まれている5種類の内部コントロールにより、試薬分注からハイブリダイゼーション、シグナル検出までの全工程を監視し、精度の高い検査データを提供します。
迅速な結果報告
血液培養試験陽性判定後、臨床の現場へ3時間以内に結果報告ができます。
血液培養グラム陽性菌・薬剤耐性核酸テスト
 
血液培養グラム陰性菌・薬剤耐性核酸テスト
 
構成
Verigene®システムは試薬キットと装置により構成されます。試薬キットは検査目的ごとにパネルが用意され、病原性細菌および薬剤耐性菌感染の診断補助として敗血症パネルがあります。

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

一般仕様
カタログ等発行年月
2016年7月

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP