製品詳細

全自動尿中有形成分分析装置 UF-1000i

製造販売企業: シスメックス株式会社

カテゴリ: 一般検査機器 > 尿沈渣分析装置 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【尿沈渣が変わる、検査室を変える】
血尿診断ガイドラインにおいて、血尿判定には正確な赤血球数の測定が大変重要であることが示されています。また、血球数や細菌数の測定は尿路感染症の薬効評価にも重要な役割を果たしています。UF-1000iは、尿路感染症や腎・泌尿器系疾患の診断・治療に役立つ情報を提供します。

特長

●進化した定量技術が、効果的に診断を支援
●新開発のアルゴリズムが、赤血球と白血球の高精度分析を実現
●核酸染色による独立チャンネルの採用により、微小な細菌を高精度に分析

製品詳細

機能説明

尿中有形成分の定量測定を次のステージへ
UF-1000iは、半導体レーザを用いたフローサイトメトリー(FCM)法により、尿中有形成分を分析します。FCM法によって得られる前方散乱光・側方蛍光・側方散乱光などの情報をもとに、血液分析装置で培った細胞分析技術を用いて尿中有形成分を高精度に分画。特に臨床医からのニーズの高い赤血球、白血球、細菌をはじめとする5項目で、信頼性の高い定量(/μL)データを提供します。
尿のスクリーニング検査の効率化を加速
データマネジメントには、血液分析装置で使用されているIPU(InformationProcessingUnit)と共通のプラットホームを採用。測定データの有用活用を可能とする解析プログラムとワークフローを効果的にサポートする処理プログラムを数多く備えており、SNCSでのサポートと合わせて臨床検査室全体の効率化に寄与します。
※SNCSは別途契約が必要です。

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
測定項目
【定量項目】赤血球, 白血球, 上皮細胞, 円柱, 細菌
【フラッグ項目】結晶, 酵母様真菌, 小型円形細胞, 細胞成分などを含む病的な円柱, 粘液糸, 精子
【研究項目】結晶, 酵母様真菌, 小型円形細胞, 細胞成分などを含む病的な円柱, 粘液糸, 精子, 尿導電率
【研究情報】赤血球形態情報, 尿濃縮度情報, UTI情報, 細菌形態情報(オプション)
※これらの項目・情報は研究用です。測定結果を診断目的に使用しないでください。
処理能力
約100検体/時間(通常測定モードの場合)
検体
【検体量】マニュアルモード測定時:1.0mL, サンプラモード測定時:4.0mL
【検体吸引量】0.8mL
光源
赤色半導体レーザ(635nm)
記録
10,000検体(データ, スキャッタグラム)
精度管理図:24ファイル(300ポイント/ファイル)
一般仕様
一般的名称
尿沈渣分析装置
重量
【本体(サンプラ含む)】約75.5kg
【データ処理装置】約9kg(本体), 約3.9kg(LCD), 約1kg(キーボード)
寸法
【本体(サンプラ含む)】約幅580mm×奥行710mm×高さ615mm
【データ処理装置】約幅343mm×奥行385mm×高さ98mm(本体), 約幅372mm×奥行198mm×高さ371mm(LCD), 約幅456mm×奥行169mm×高さ46mm(キーボード)
電源
【電圧】AC100~240V
【周波数】50/60Hz
【消費電力】500VA以下(本体(サンプラ含む)), 200VA以下(データ処理装置)
JMDNコード
33915000
クラス分類
クラスI
特定保守
該当
設置管理
非該当
その他規格
IEC 60825:1993/A1/A2
安全性
【レーザー光の安全基準】クラスI
届出番号
28B2X10007000114

▲製品詳細メニュへ戻る

【その他の関連製品】サンプラ, チケットプリンタ, バーコードリーダ等

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP