製品詳細

血液像自動分析装置 HEG®-L

製造販売企業: シスメックス株式会社

カテゴリ: 血液検査機器 > 血液自動分類装置 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

【フルオートメーションで血球分析から血液像分類を実現】
本装置は、血液塗抹標本をスキャンして、白血球および赤芽細胞を自動分類します。

特長

●SP-1000iでスライドに印刷されたIDバーコードをHEG-Lが直接読み込むことにより、検体過誤を防止します。
●100カウントモードで5,000検体分の画像記憶機能を搭載しています。
●HEG-L測定とレビュー処理は同時処理が可能です。
●ネットワークの活用により場所を選ばずレビューが可能で、運用の幅が拡がります。

製品詳細

機能説明

レビュー画面
 
測定中画面
 
HSトランスポーテーション接続イメージ
 

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
測定項目
Band(桿状核好中球), Seg.(分葉核好中球), Eosin(好酸球), Baso(好塩基球), Lymp(リンパ球), Mono(単球), A-Lymp(異型リンパ球), Imm(幼若顆粒球), Blast(芽球), Ebl(赤芽球)
処理能力
80標本以上/時間(ウェッジ標本, 白血球100個カウントモード, 正常検体:WBC4,000~8,000個/μLにて測定した場合の値です)
検体
【検体対象】白血球および赤芽細胞
測定モード
WBC分類モード(白血球100個, 200個カウントモード), 赤血球形態撮像
記録
5,000検体または14業務日
一般仕様
一般的名称
血液像自動分析装置
重量
【自動顕微鏡部】約73kg
【画像処理部】約12kg(パソコン本体), 約3.7kg(17インチLCD), 約0.9kg(キーボード)
【連携ユニット】約30kg
【レビュー端末】約9.3kg(パソコン本体), 約3.9kg(17インチLCD), 約0.9kg(キーボード)
寸法
【自動顕微鏡部】約幅404mm×奥行718mm×高さ440mm
【画像処理部】約幅180mm×奥行419mm×高さ365mm(パソコン本体), 約幅372mm×奥行68mm×高さ323~423mm(17インチLCD), 約幅454mm×奥行172mm×高さ41mm(キーボード)
【連携ユニット】約幅230mm×奥行927mm×高さ437mm
【レビュー端末】約幅339mm×奥行423mm×高さ100mm(パソコン本体), 約幅372mm×奥行198mm×高さ370mm(17インチLCD), 約幅454mm×奥行173mm×高さ42mm(キーボード)
電源
【電圧】AC100V
【周波数】50/60Hz
【消費電力】400VA以下
JMDNコード
35479000
クラス分類
クラスI
特定保守
該当
設置管理
非該当
届出番号
28B3X00048000016

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP