製品詳細

全血血小板凝集能測定装置 ヘマトレーサーZEN

販売企業: DSメディカル株式会社

製造販売企業: 有限会社多摩精機(日本)

カテゴリ: 血液検査機器 > 血小板凝集測定装置 

販売・取次ぎは行っておりませんので、お問い合わせは<製造販売企業>にお願いいたします。

製品について

血小板凝集能検査とは血小板の凝集能力(止血能力)をみる検査です。凝集能力が強すぎると亢進傾向(血栓が出来やすい)となり、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓系の疾患に注意が必要です。凝集能力が弱すぎると低下傾向になり、今度は出血時に注意が必要です。以前は血小板機能異常などの検査のみに使われておりました。現在この検査の多くは脳梗塞や心筋梗塞などの発症後に再発防止のため抗血小板療法(抗血小板薬投与)が行われており、その薬剤の量が適切か、別の薬剤に変更するかなどの確認に使われています。

特長

●全血でそのまま測定可能:PRP、PPPの作成は必要なく、採血した全血そのままで測定が可能になりました。
●採血量は1mLで測定可能:従来法では5~10mL採血が必要でした。1.8mLのクエン酸ナトリウム入り採血管で十分です。
●乳び、血球混入などの影響なし:従来法では空腹時採血が必要でした。本装置は光学法ではなく、物理的な原理のため乳びや血球混入の影響がありません。
●コンパクトサイズ:従来の装置に比べ、小型化に成功しました。
●各チャンネル動作状態監視機能搭載:各チャンネルの状態を自動的にチェックし、もし異常があればエラー表示します。
●簡単なメンテナンス:メンテナンスは月に1回、配管チェックを行うだけです。

製品詳細

機能説明

ヘマトレーサーZENの解析判定
■G-Type(4濃度) 測定モード分析
PATI値(Platelet aggregatory threshold index)
閾値=PATIを求め、血小板凝集能に対する感受性を凝集惹起物質の濃度で判定します。判定は6クラスに分類します。

【標準的な濃度展開】
ADP:0.5、1.0、2.0、4.0μM
コラーゲン:0.125、0.25、0.5、1.0μg/mL
測定結果画面表示
 
測定結果印字
 

▲製品詳細メニュへ戻る

仕様

仕様
分析方法
【測定原理】SFP変法(細口吸引圧検知方式)
【測定方法】測定フィルターチップによる各濃度吸引測定
フィルターサイズ
30μm×30μm 角形開口300個/φ1.0mm
測定項目
ADP, コラーゲン他
測定チャンネル数
4ch
検体
【測定可能検体】全血/PRP(抗凝固剤クエン酸Na入)
【検体量】200μL/1ch
試薬添加量
22μL/1ch
試薬添加
マルチピペットにて4ch同時添加
情報入力
タッチパネル
結果出力
画面表示, 内蔵プリンター, USB, RS232C
解析判定
4濃度判定
試薬保冷槽
別売(オプション)
バーコードリーダー
別売(オプション)
測定時間
約7分(加温1分, 反応5分, 測定約1分)
一般仕様
重量
13.5kg
寸法
幅315mm×奥行360mm×高さ340mm
電源
【電圧】AC100V
【周波数】50/60Hz
【消費電力】65VA
商品コード
S12 HTZ1001
クラス分類
クラスI
特定保守
該当
JANコード
4573553300010
その他規格
IEC61010-1(JIS C 1010-1), IEC61326-2-6
特定保険医療材料(項目)
血小板凝集能検査, 血液学的検査判断料
届出番号
13B3X00181000004

▲製品詳細メニュへ戻る

keyword search
キーワード検索

PAGE TOP