The Best of AACCのご案内

11月15日、16日に京都国際会議場で開催されるWASPaLMの一つのプログラムとして、AACC、日本臨床化学会(JSCC)とJACLaSの共催で、The Best of AACCを行います。

日時 演題 役割 氏名 所属
2017/11/15
(水)
12:00-13:30
(Room A)
FDA/CLIA
Requirements for
validation of
Laboratory Developed
Tests in the USA
座長 登勉 三重大学名誉教授
座長 Dr.David S.
Wilkinson
バージニア福祉大学病理学
主演者 Stephen R. Master,
M.D., Ph.D.
ワイルコーネル大学(NY)
中央検査部、臨床化学部長、
病理・検査医学准教授
副演者 Sharon Ehrmeyer,
Ph.D., MT(ASCP)
ウィスコンシン州立大学
マディソン校
病理・検査医学 名誉教授
討議/Q&A 全員  
2017/11/16
(木)
17:30-19:00
(Room 7)
The Value of
Point-of-Care Testing
in the Hospital
Setting:Cardiac
Example
座長 坂本秀生 神戸常盤大学保健科学部
医療検査学科 学科長・教授
座長 (未定)  
主演者 Sharon Ehrmeyer,
Ph.D., MT(ASCP)
同上
副演者 Stephen R. Master,
M.D., Ph.D.
同上
日本側演者 古川泰司 帝京大学医学部附属病院
中央検査部
討議/Q&A 全員  

※全て英語の講演で、同時通訳はつきません。

最新情報

News

ページのTOPへ戻る